スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のお愉しみ、その3

granita
「エスプレッソのグラニータ」です。
グラニータはイタリア語で言うところの「カキ氷」ですね。

エスプレッソのダブルショットを氷やシロップと一緒にミキサーで粉砕します。

それはそれは濃く、冷たく、ほろ苦く、滑らかな一品です。

冷凍庫で冷やしたグラスに入れてお出しします。

エスプレッソのグラニータ  600円です。
スポンサーサイト

夏のお愉しみ。

shakerato
そろそろ夏の気配が濃くなって、
でも、盛夏の厳しさにはまだほんの少しの猶予がある。

冷たい飲み物に、愉しみを覚える今日この頃・・・・。

いつもの冷たいコーヒーを止めにして、
カフェ・フレッド・シャケラートはいかがですか?

エスプレッソをダブルショットして、シェイカーに砂糖とバニラを入れて
シェイクして一気に冷やします。

予め冷凍庫でキンキンに冷やしたグラスに注いでお出しします。

エスプレッソの濃く、強い味わいが引き立つ冷たい飲み物。



カップッチーノ!

カプチーノ、
cappuccino、もう少し原語に近い発音にするなら「カップッチーノ」です。

さて、今回はアルバイトのマミタスさんに撮影してもらいました。

なんと言っても、ミルクのあわ立て、これが肝要です。
理想の温度は70~75℃、これ以上では、ミルク中の蛋白質が固まり始め、
滑らかさが失われるのです。
そして、兎に角きめ細かく仕上げる必要があります。

注ぎ方にもコツが要ります。あまり、ゆっくりでも駄目です。
cap1
ミルクが表面に浮いてきたら、注ぎ口を下げつつ、左右に振ります。
cap2
そうすると、こういう木の葉状の模様になります。
cap3
左右に振らずに仕上げれば、ハート型になります。
それをカンバスに絵を描いたりすることもあります。
お気軽にリクエストください!

エスプレッソについて。

みなさんは、エスプレッソを好きですか?

或いは、エスプレッソに対してどんな印象を持っていますか?

エスプレッソって、コーヒーのエキスをぎゅっと凝縮したものと考えてください。

一杯は概ね、30ccで、約15gのコーヒー豆を使います。
だから、見た目の量が少ないからと言って、文句を言わないでくださいね。

きちんと淹れるには、豆の挽き方、豆の詰め方が重要です。

抽出に要する時間は25秒あたり。
あなたがどこかでエスプレッソを注文する際には、時間を測ってみると、そのお店の
レベルが(ひょっとすると)解るかもしれません。
esp1
esp2
esp3
アルバイトのMMTZさんに手伝ってもらって、砂糖をそっと載せてみました。

このように、しばらく表面に砂糖が留まった後、ゆっくり沈むのが良いエスプレッソの証です。

それから、エスプレッソにはしっかり砂糖を入れて飲むほうがおいしいと思います。
丁度、砂糖無しのチョコレートが苦いだけで、おいしくないように・・・・・。

それから、粋な飲み方はエスプレッソが出されたら、砂糖を入れて、良い加減に混ぜて、
二口三口で飲み干して、さっと帰る。
これです。

カウンター

プロフィール

KIM N

Author:KIM N
名古屋大学農学部畜産学科を卒業後に乳製品会社に就職。
10年以上の長きに渡ってチーズの開発をしてきました。
僕の店には「先ずはおいしいチーズを食べてもらいたい」と
言う、思いが流れているのです。
【BetterDays】
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目15番12号中垣ビル1階
電話とファクス:03-3403-7809
最寄り駅は東京メトロ副都心線「北参道駅」2番出口。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。