スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のチーズから

IMG_4207.jpg
良いラベルですねー、昔風に「レッテル」と呼びたくなります。
IMG_4208.jpg
中身も勿論良いです。「リヴァロ」と言います。
IMG_4209.jpg
こちらはルブロション、外側をウォッシュして作るセミハードタイプのチーズ。
木の香がちょうどナッツを思わせる、とてもマイルドでおいしいチーズです。
IMG_4210.jpg
引き続き推してます。「トム・ドゥ・ポワトー」 山羊チーズの中でも飛びぬけて大きなサイズ。
こちらもナッティな香りがあっておいしいです。
きりっと冷えた淡麗な白ワインとともに。
スポンサーサイト

今週のチーズ

IMG_3664.jpg
先ずはブリ・ド・モー  19世紀の国際会議で余興として行われた「チーズ品評会」で
満場一致で「世界一ぃぃぃぃ」になりました。
IMG_3665.jpg
そしてコンテ、フランスのアルプスエリアで作られる、しみじみ旨いチーズ。
IMG_3666.jpg
次はオッソ・イラティ・ブルビ・ピレネー 羊のミルクで作ったとってもこくのあるチーズ。

今週のチーズ

今日も色々チーズが入荷しました。
IMG_3620.jpg
先ずは脂肪分高めにとった、白カビのチーズ「ベル・エトワール」
トリプルクリーム(固形分に占める脂肪分が75%)のリッチな味わい。
スパークリングワインや、赤ワインのお供にぴったりです。
IMG_3621.jpg
そしてこちらはイタリアでウォッシュと言えばこれ!
「タレッジョ」 広義の「ウォッシュ」ではありますが、外皮の臭いもおだやかで
とても食べやすいです。
軽めの赤とあわせてどうぞ!

今週もおいしいチーズ来ましたよ。

IMG_3581.jpg
先ずは半年以上寝かせた長期熟成のゴウダ
名付けて「オールド・ダッチ・マイスター」
旨味がしっかりした、味わい深いチーズです。
これでチーズトーストにしても良いですので、お気軽にリクエストしてください。
IMG_3580.jpg
そして小型のマンステール。
アルザス地方の名産です。
表皮を洗って仕上げるタイプなので、幾分強めの臭いがありますが、
中身はおだやかで誰にでもお薦めできます。

今週のチーズ

IMG_3442.jpg
左側、表面がオレンジ色のは「ランゴドール」
アルザス地方の産で、いわゆる「ウォッシュタイプ」ですが、香りはおだやか、中身はちょっとお団子のようなもちっとした食感です。

右側、「ボンド・ドゥ・ソローニュ」 ソローニュ(ロワール川流域、パリ盆地南部)の「栓」
こういう形のチーズには「ボンド」と名付けられることが多いですが、本来はもう少し細長いのをボンドと
言うことが多いと思います。

ご覧の通り山羊チーズでしまった身はいかにもです。

カウンター

プロフィール

KIM N

Author:KIM N
名古屋大学農学部畜産学科を卒業後に乳製品会社に就職。
10年以上の長きに渡ってチーズの開発をしてきました。
僕の店には「先ずはおいしいチーズを食べてもらいたい」と
言う、思いが流れているのです。
【BetterDays】
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目15番12号中垣ビル1階
電話とファクス:03-3403-7809
最寄り駅は東京メトロ副都心線「北参道駅」2番出口。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。